年収について

医療事務の年収は、病院によって違います。

ぞれは、開業医だと月に10万円台の給料が多いと言われています。


年収だと120万円からになります。

大きな病院の医療事務の場合は、20万円に届きそうな給料になります。


そのため、約240万円ぐらいの年収になります。

総合病院の場合は、残業が多くあります。


残業が多いのは、月末、月始めになります。

それは、レセプト作業を行うため、残業代がかなりの金額になることがあります。


開業医に勤務となると給料から厚生年金や健康保険を引いた金額が給料となります。

そのため、年収は多い金額で250万円未満と言われています。


30代になっても300万円未満となっていることが多いと言われています。

医療事務の場合は、ほとんどが昇給がないと思います。

こんなに給料や年収が低いと不満に思う事があるかと思いますが実際、開業医の場合は診察時間の後に医師や妻が作業を行っていることが多いと言う情報もあります。

では、大きな総合病院ではどうなのでしょうか。

それは、医師や看護師は、医療の現場になりますが医療事務の仕事ではデスクワークの仕事になります。

そのため、庶務の仕事になります。

給料の差は、仕方がない部分もあるかと思います。


このように医療事務と言っても職場によって、年収に差があるのは事実になります。

医療事務の場合は、正社員として働くケースが少なくなってきています。

ほとんどが派遣やパートがほとんどになります。

時給にすると800~1000円になる所がほとんどになります。